イマイ印刷 イマイ印刷

BLOG

ブログ

一緒に考えることからはじめませんか。

イマイ印刷, 印刷2017年8月22日

デザインと聞いて、文字のバランス・配色の組み合わせ・センスなどを思いうかべるとおもいますが、当社の考えるデザインとは、もっとお客様や、商品のことを考えたトータルデザインと位置づけしています。これまでのノウハウや技術を活かし、弊社でデザインするモノが喜んでいただける機会も多くなりました。センスを評価していただけることは、とてもうれしいことです。

 

しかし、「デザインが良い」ということと「売れる」ということは、同じ意味ではありません。

ここが大きなポイントです。広告において、一番の目的は「情報発信」と「販促」の

2パターンだと考えています。「情報発信」とは、イベント告知や来店を促し行動させること。

「販促」とは、広告を目にしたお客様の販売意欲を高めて、モノを買っていただくこと。人の目をひくデザインはもちろんですが、やはり人の心を動かすこと。行動させることと繋がっていなくてはいけないと思います。

 

いい広告。いい宣伝。

引きつけられるキャッチコピー。

目につくデザイン。

人の心に響く広告とはどんなものでしょう?

 

なぜか、あるチラシやポスターに目が止まってしまったという経験はみなさんあると思います。以前、某有名通販会社の商品を購入し、どんなDMが送られてくるのか。次のDMまでに何日要するのか。細かく調べた経緯があります。やはりデザイン・広告にもテクニックが存在します。人の心に響いて、行動するまでに、とてもスムーズに構成されており、感心する広告はたくさんあります。売れている広告には、まるで法則が存在するかのように、随所に、工夫がしてあります。もちろん、大企業のやり方を取り入れようとしても、うまくいく確率は低いです。小さな会社には小さい会社なりのやり方があります。弊社も6人、そのうち4人が身内という小さな会社です。ですので、地元を中心にこれまでのセミナーや勉強会を経て、学んだノウハウを会社やお店の販促に活かしたいと考えています。

弊社でチラシを作りたいと依頼していただいたお客様と打合せをすると、折り込み日までに1〜2週間弱しかないことがよくあります。

新聞折込店には折込日の2日前に搬入するのが一般的です。そして弊社では印刷行程においてカラーなどの場合、約3・4日いただいております。つまり1〜2週間の期間ではチラシのデザイン、修正に費やす時間がほとんど限られてきます。そのため、スピーディーな作業が求められます。それでも、クライアントが用意した原案をもとに見本を制作してお見せすることは可能です。というよりも、限られた時間しかないため極力修正の負担がないように、デザインします。

 

さてその後、弊社では厳しい日程をクリアし、納品を無事終え、次の仕事へと取りかかります。

しかし、クライアントは折込日からが本番です。今日からチラシが折込まれるとあって、反響を今か今かと待っています。結果はどうでしょう。「まあまあ」ならまだいい方です。「コストに見合った結果はなかった。」という声が聞こえてきませんか?

なぜ? 他店の方が安かったから? デザインが他のチラシより目立たなかったから?もちろん、その可能性がゼロではないですが本質は他にもあると思います。それは「人の心に響く工夫」が足りなかったからです。そんなのデザイナーの腕しだいだろうという声もありそうですが、

限られた時間で納期を守るために、犠牲にしてしまったのは、この「人の心に響く工夫」だったのです。ひどい話ですが、これが現実なのです。前にも述べましたが、人を惹き付けるテクニックはあります。しかし、過度な演出をして、購入したり来店したお客様をがっかりさせてしまうようでは、会社の信頼にも関わってきます。

 

ですから、弊社ではクライアントとの打ち合せを十分に行い、会社やお店のもつ強みを引き出し、うまく発信できないかを常に意識しています。そのために、余裕をもって一緒に考える時間をつくっていただき、目的にあった工夫・デザインを提案し、心に響く広告をつくりあげていくことで、費用対効果が生まれ、会社やお店が元気に商売を続けていく。

 

これがイマイ印刷の目指すトータルデザインです。

1 / 212

PICK UP